ダークサイド・オブ・小泉純一郎

ダークサイド・オブ・小泉純一郎ダークサイド・オブ・小泉純一郎

「異形の宰相」の蹉跌 著者:岩崎大輔出版社:洋泉社サイズ:単行本ページ数:253p発行年月:2006年03月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)「だから稲川会には入ってねぇって!」老人はこれまでの穏やかさから豹変し、凄みのある声で言った!「ジュンイチロウのことで来たんでしょ」玄関口に屹立したその女性のひと言で、すべてが氷解しように思えた!軍港・横須賀での青春、チラつくヤクザの影、レイプ疑惑、そして異常な家族主義—。写真週刊誌『フライデー』の若手記者が、スキャンダルを追うことで「異形の宰相」の正体に迫った1500日の記録。【目次】(「BOOK」データベースより)プロローグ 「異形の宰相」小泉純一郎を解剖する!/第1章 黒い噂—チラつくヤクザの影/第第2章 軍港・横須賀の青春—顔のない学生時代/第3章 レイプ疑惑—ジュンイチロウと呼び捨てにする女/第4章 小泉家、その異常な家族主義—家族と使用人と敵と/第5章 裸の王様—ポピュリストの原罪【著者情報】(「BOOK」データベースより)岩崎大輔(イワサキダイスケ)1973年、静岡生まれ。フリーライター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 歴史> 伝記(外国)
さらに詳しい情報はコチラ≫

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。