麻生太郎の原点祖父・吉田茂の流儀

麻生太郎の原点祖父・吉田茂の流儀麻生太郎の原点祖父・吉田茂の流儀

徳間文庫 著者:麻生太郎出版社:徳間書店サイズ:文庫ページ数:247p発行年月:2007年04月『祖父・吉田茂の流儀』改題書この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)次期総理の呼び声も高い麻生太郎。その原点は祖父として身近に接していた昭和の名宰相・吉田茂にあった。小学生の孫にサンフランシスコ講和条約を語るかと思えば、周囲に見せる好々爺としての意外な一面。政治家・麻生を育んだ吉田茂の流儀とは。巻末に“秋葉原の名演説”ほか講演を収録。【目次】(「BOOK」データベースより)「日本はよくなる。必ずよくなる」/わずか十一歳で相続した五十億円の財産/「マンガにそっくりだ!」/「そいつはマニラ産でしょう。私はハバナ産しか吸いません」/総理専用車で寄席へ/「犬に吠えられる奴は悪人だ」/「遊説は嫌だ。連呼はやらん」/「いいものは、いい」/麻生太賀吉との絆/「日本の恩人」と呼んではばからず〔ほか〕この商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 歴史> 伝記(外国)
さらに詳しい情報はコチラ≫

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。