虚像に囚われた政治家小沢一郎の真実

虚像に囚われた政治家小沢一郎の真実虚像に囚われた政治家小沢一郎の真実

著者:平野貞夫出版社:講談社サイズ:単行本ページ数:348p発行年月:2006年09月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)「サラリーマンを豊かにしたい」。「豪腕」と呼ばれた政治の原点。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 政治的遺伝子/第2章 政治の原点と「角福戦争」/第3章 角栄と一郎/第4章 消費税とリクルート事件/第5章 「豪腕」幹事長の真実/第6章 非自民連立政権の全内幕/第7章 離反した政治家の思惑/終章 生活者の国家を【著者情報】(「BOOK」データベースより)平野貞夫(ヒラノサダオ)1935年、高知県に生まれる。1960年、法政大学大学院社会科学研究科政治学専攻修士課程修了。この年、衆議院事務局に就職。1965年、園田直副議長秘書、1973年、前尾繁三郎議長秘書。委員部総務課長、委員部部長などを経て、1992年退官し、同年の参議院議員選挙に出馬。自由民主党、公明党の推薦を受け高知県選挙区で当選し、その後、自由民主党に入党。羽田派を経て、1993年に新生党、1994年に新進党、1998年に自由党の結党に参加。2003年、民主党に合流。議会運営と法律運用に精通する唯一の政治家として高い評価を得る。2004年に政界から引退(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 政治
さらに詳しい情報はコチラ≫

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107258532
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。