ダークサイド・オブ・小泉純一郎

ダークサイド・オブ・小泉純一郎ダークサイド・オブ・小泉純一郎

「異形の宰相」の蹉跌 著者:岩崎大輔出版社:洋泉社サイズ:単行本ページ数:253p発行年月:2006年03月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)「だから稲川会には入ってねぇって!」老人はこれまでの穏やかさから豹変し、凄みのある声で言った!「ジュンイチロウのことで来たんでしょ」玄関口に屹立したその女性のひと言で、すべてが氷解しように思えた!軍港・横須賀での青春、チラつくヤクザの影、レイプ疑惑、そして異常な家族主義—。写真週刊誌『フライデー』の若手記者が、スキャンダルを追うことで「異形の宰相」の正体に迫った1500日の記録。【目次】(「BOOK」データベースより)プロローグ 「異形の宰相」小泉純一郎を解剖する!/第1章 黒い噂—チラつくヤクザの影/第第2章 軍港・横須賀の青春—顔のない学生時代/第3章 レイプ疑惑—ジュンイチロウと呼び捨てにする女/第4章 小泉家、その異常な家族主義—家族と使用人と敵と/第5章 裸の王様—ポピュリストの原罪【著者情報】(「BOOK」データベースより)岩崎大輔(イワサキダイスケ)1973年、静岡生まれ。フリーライター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 歴史> 伝記(外国)
さらに詳しい情報はコチラ≫

孤高の暴君小泉純一郎

孤高の暴君小泉純一郎孤高の暴君小泉純一郎

だいわ文庫 著者:岩見隆夫出版社:大和書房サイズ:文庫ページ数:338p発行年月:2006年04月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)「文句なく、小泉純一郎はおもしろい首相だった。おもしろさにおいて、田中角栄をしのぐかもしれない。常識破りの天才である。大衆迎合のテクニックを駆使して、戦後ナンバーワンの人気首相となった。しかし、おもしろいからといって必ずしもいい政治指導者とはかぎらない」小泉政治の野放図な「官から民へ」路線、規制緩和路線は何をもたらしたのか、徹底的に総括する。【目次】(「BOOK」データベースより)序章 情け容赦ない男/第1章 まず破壊から/第2章 支持率独裁者/第3章 逃げは一流/第4章 外交オンチの罪/第5章 危機感なき「大宰相」/第6章 改革の成果は何か【著者情報】(「BOOK」データベースより)岩見隆夫(イワミタカオ)1935年、旧満州・大連に生まれる。1958年、京都大学法学部を卒業後、毎日新聞社に入社。政治部副部長、サンデー毎日編集長、編集委員室長、編集局次長、編集局顧問などを経て、特別顧問となる。TBSテレビの「時事放談」の司会、テレビ朝日の「やじうまプラス」の出演、そのほか、雑誌の執筆、講演などで活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 政治
さらに詳しい情報はコチラ≫

麻生太郎の原点祖父・吉田茂の流儀

麻生太郎の原点祖父・吉田茂の流儀麻生太郎の原点祖父・吉田茂の流儀

徳間文庫 著者:麻生太郎出版社:徳間書店サイズ:文庫ページ数:247p発行年月:2007年04月『祖父・吉田茂の流儀』改題書この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)次期総理の呼び声も高い麻生太郎。その原点は祖父として身近に接していた昭和の名宰相・吉田茂にあった。小学生の孫にサンフランシスコ講和条約を語るかと思えば、周囲に見せる好々爺としての意外な一面。政治家・麻生を育んだ吉田茂の流儀とは。巻末に“秋葉原の名演説”ほか講演を収録。【目次】(「BOOK」データベースより)「日本はよくなる。必ずよくなる」/わずか十一歳で相続した五十億円の財産/「マンガにそっくりだ!」/「そいつはマニラ産でしょう。私はハバナ産しか吸いません」/総理専用車で寄席へ/「犬に吠えられる奴は悪人だ」/「遊説は嫌だ。連呼はやらん」/「いいものは、いい」/麻生太賀吉との絆/「日本の恩人」と呼んではばからず〔ほか〕この商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 歴史> 伝記(外国)
さらに詳しい情報はコチラ≫

虚像に囚われた政治家小沢一郎の真実

虚像に囚われた政治家小沢一郎の真実虚像に囚われた政治家小沢一郎の真実

著者:平野貞夫出版社:講談社サイズ:単行本ページ数:348p発行年月:2006年09月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)「サラリーマンを豊かにしたい」。「豪腕」と呼ばれた政治の原点。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 政治的遺伝子/第2章 政治の原点と「角福戦争」/第3章 角栄と一郎/第4章 消費税とリクルート事件/第5章 「豪腕」幹事長の真実/第6章 非自民連立政権の全内幕/第7章 離反した政治家の思惑/終章 生活者の国家を【著者情報】(「BOOK」データベースより)平野貞夫(ヒラノサダオ)1935年、高知県に生まれる。1960年、法政大学大学院社会科学研究科政治学専攻修士課程修了。この年、衆議院事務局に就職。1965年、園田直副議長秘書、1973年、前尾繁三郎議長秘書。委員部総務課長、委員部部長などを経て、1992年退官し、同年の参議院議員選挙に出馬。自由民主党、公明党の推薦を受け高知県選挙区で当選し、その後、自由民主党に入党。羽田派を経て、1993年に新生党、1994年に新進党、1998年に自由党の結党に参加。2003年、民主党に合流。議会運営と法律運用に精通する唯一の政治家として高い評価を得る。2004年に政界から引退(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 政治
さらに詳しい情報はコチラ≫

One piece(巻51)

One piece(巻51)One piece(巻51)

11人の超新星 ジャンプ・コミックス 著者:尾田栄一郎出版社:集英社サイズ:コミックページ数:231p発行年月:2008年09月この著者の新着メールを登録するこの商品の関連ジャンルです。 ・本> コミック> 少年> 集英社 ジャンプC
さらに詳しい情報はコチラ≫

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。